読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮮度100%おさしみ屋さん

活きのいいバイセクシャル、いかがですか~!?!?

!何のために!

 

こんばんは、おさしみです。

 

「もう少し落ち着いてから更新します」と言ってから早二日。

早速の更新でありますが。

今日は皆さんに読んでもらうというよりは単に私の気持ちのはけ口として

ここを使おうと思っているだけです。

でも誰かが読んでくれるかもっていうだけで、なんとなく寂しさが紛れるような。

何とも言えないこの不安から逃げられるような。

そんな甘えもあって、ここに書きにきました。

 

たいして内容の濃い話でもないのですが

私は家族のためだけには生きられない、と思った。

 

母はもう恋愛も結婚もするつもりがないし、両親を深く愛しているので

すべてを両親に注ごうとしてる。結婚してた頃はそうじゃなかった。

家庭のこともこなさなくてはならないから余裕も時間もない。

今は仕事以外の時間はたくさん費やせる。

今回の引っ越しも両親のそばに住みたいからという目的だけだった。

 

兄も、恋愛も結婚もするつもりがない。驚くほど他人に興味がない。

そして母にすごく懐いているので、母の思うとおりにしたい。

 

何が言いたいかというと、私の家族はとても家族思いで優しい。

でも最近それが単なる執着に見えてきてしまった。

まるで何かにすがっているような、むきになっているような。

老い先の短い存在を相手にするとどうしても「してあげたい」執着心のようなものが

生まれてくるのかもしれないけど…。

その「家族に執着する風潮」をプレッシャーに感じる。

 

相手のことを考えるというよりも、どれだけ尽くしたかに固執しているというか。

言い方は悪いけれど「自己満足」なのでは?と思ってしまう。

失ったときに後悔しないためにも、思いつく限りのことはしてあげたいと

そう思うのは理解できる。

でもそれを求められたとしたら、私は応えられない。

 

決して「家族が大切じゃない」とかそういうわけじゃなくて

結局生きるのは自分なんだということ。

自分が何かに足をとられている間に、他の誰かが私の代わりに人生を進めてくれるわけじゃない。

時間が過ぎていく分、その瞬間に数えきれない出来事が同時進行で流れていく。

そのうちのどの部分を救い上げて懐にしまうのか。

人生はきっとそういう風に作っていくものなんだろうと思う。

 

私はまだ今の母の半分も生きていない。

まだ何も始まっていないから、こんなにあきらめの悪いことで愚痴ってしまうのだろうけど。

夫も友達も捨てた母から、両親という存在がいなくなったら私と兄しか残らない。

もしかしたらいつかまた恋人ができる可能性もあるけど、現状はその気がない。

兄はきっと母にとことん尽くすだろう。でも私はそうはなれない。

そんな風に割り切って生きていけそうにない。

私には好きな人がいて、これから一緒に生きていきたいと真剣に考えている。

いずれは家も出たいし、出たとしてもこの罪悪感を常に感じながら生きていくのは嫌だ。

どうするのが正解なんだろう。

したいようにしたい、でも家族を裏切りたくはない。

あまりに狭いコミュニティーで濃い付き合いをしすぎて、適切な距離感がわからなくなってるんだろうな。

 

私はいつまでも「してもらったから」を背負って生きていかなくちゃいけないのかな。

罪悪感を目印にこの先のレールを敷いてしまいそうで怖い。

 

そんなことはしないけどね。

過度にそれを恐れて、わけのわからない方向に進んでしまうのも怖いし。

怖い怖いばっかりで、情けなくなるけど。

今まで怖くなかったことすら怖くなってしまうほど、真剣に向かい合えてるのかも。

それはただ彼女と生きていく未来が欲しいからっていう一心だけ。

いままでたくさんのことから目を背けて生きてきたから、これはいいチャンスなのかもしれないね。

生きていると気が重くなるけど。

ちゃんと生きなきゃと思えるのも彼女のおかげ。疲れるけどがんばろう。

 

そろそろシャワーを浴びるので終わりにします。読んでくれた人、ありがとうございました。

結局は自己嫌悪なんだろうな。甘えててすみません。

!変わるということ!

 

お久しぶりです、おさしみです。

前回の更新から少し期間が空いてしまいましたね。

一ヵ月坊主かと思いました!?残念~!

どんなに髪を短くしようとも坊主にはしません(?)

 

さて、ここ最近何があったかといいますと

無事!!引っ越しが終了しました!!

が、ライフラインを稼働させるまでになかなか手こずってしまい

昨日ようやく一通り完了しました。

 

変わるって疲れますね。

前回の引っ越しは四年前のちょうど今頃でした。

そのときはいわゆる夜逃げだったので、引越し屋さんにも頼まず

友達に協力して荷物を運び出したり買い物に走ったり

授業中にネットショップで冷蔵庫を買ったり(笑)

イレギュラーな引っ越しでした。

きちんとした方法で引っ越しをするのは、物心がついてからは今回が初。

詳しい話は書きませんが、社会の汚さを幾度となく見せつけられてうんざりしました。

もう少し時間が経てば笑い話になるのでしょうがね。

 

住む家も町も違う。人に干渉されて、レースのカーテンが閉まっているかが常に気になる。

おさしみは見るからに子供過ぎて、悪徳業者相手に番犬役すらも務まらないのが悲しかった。

にくまきに会いに行けないことも、お母さんを一人にしてしまうことも

どっちも申し訳なくて悲しくていつも中途半端な罪悪感がある。

焦らずに一つずつ慣れていくしかないですね!

 

 

たまたまPCに残ってた懐かしい動画を見つけました。

思い出深い動画だったし、記憶にも濃く残っていたのですが

日付を見てみると六年前でした。そんなに経っているのかと唖然。

その頃は広くて暗い一軒家に両親とお兄ちゃんと四人で暮らしてた。

いつの間にか何もかも変わってしまったように思うけど

どれも一つずつ慣れていったんだろう。

今までと同じことをすればいいだけなんだなあと思えば、少しは気持ちも軽くなりますね。

 

なんだろう、何が書きたいのかわからなくなってきたな…(笑)

なんとなくで書き始めてしまったけど、もう少し落ち着いてから更新することにします;

 

読んでいただいてありがとうございました。

!愛情!

こんにちは、おさしみです。

予告通りにくまきとの日々を書いていきますよ!

 

我々のイメージが伝わりやすいようにということで今回は

ちょっとしたイラストを描きました。へたっぴなのはご愛嬌(笑)

f:id:ixtc:20170205192846j:plain

 

 

にくまきと三日間一緒にいたのですが

おさしみは猛烈な生理痛でダウン…。

一日目の夜、なんせお腹が痛すぎて眠れない!!!

腰をもんでくれたのですが痛みは一切容赦してくれません。

ウンウンとうなっているとにくまき王子が痛み止めを恵んでくれました。

それを飲んでしばらくしたら、いつの間にか眠っていて気が付けば朝。

 

先に起きていたにくまきが心配してくれる。

痛み止めが切れてまた腹痛に襲われるおさしみのために

電気湯たんぽを用意してくれました。優しい…。

お腹に乗せるとあったかぽかぽか。幸せな気分になります。

前々から企画していたお寿司パーティーを夜に開催することになっていたのですが

その買い出しもにくまきは一人で行ってきてくれました。

「買ってきてほしいものある?」と聞いてくれたので

コーンポタージュをお願いして、ベッドからお見送り。

そのあとはすぐ眠りに落ちましたね。

にくまきの家って、にくまきの匂いがします。当たり前だけど。

すごーく安心します。脱ぎ捨ててある部屋着の匂いとかかぎまくったり(笑)

 

帰ってくるとやっぱり「大丈夫?」って心配してくれる王子。

お腹を優しくさすってくれます。

だいぶ良くなったよと伝えると、すごく嬉しそうな顔をしてニコニコ。

 

………かわいすぎる!!!!!!!!!

おさしみのことなんかを心配して嫌な顔せずアレコレとお世話してくれて

よくなったらこんなにも嬉しそうに喜んでくれて…。

「おさしみのママになりたい!こんなかわいい子供がいてうらやましい!」なんて

言ってくれちゃう優しさ。

何もかもが優しくて愛しくてあったかくて、幸せいっぱい!

 

おさしみが本調子になったところで

その夜は予定通りお寿司パーティーをして、にくまきが作ってくれた

豚バラキャベツの塩昆布炒めを食べました。これまた絶品!!!!

寝る前にケーキ型のキャンドルを灯して、のんびりおしゃべり。

眠くなってきたところで一緒にスヤスヤ。

 

 

翌日は近所の免許センターに行く用事があったので早起き。

一人で行くつもりだったけど、

「一緒にいたいからついていく!」なんて可愛いことを言ってくるので

ついてきてもらうことに。

抹茶ラテが飲みたいというので、駅のカフェで買って飲みながらてくてく。

行きと帰りで1時間ほど歩いたので帰るころにはへとへと(笑)

かなりいい運動になりました。

 

 

家に帰るとしんみりモードに…。

実は、おさしみの引っ越し前に会えるのはこの日が最後。

しかも夕方には帰らなくてはいけませんでした。

引っ越してからはなかなか会えなくなるというのもあり

名残惜しさ100倍。

珍しくにくまきが先に泣き出しました。

泣き顔を見せないように、ぎゅってしたまま絶対に離れない

という手段はおさしみと同じです(笑)

おさしみもずっと泣くのをこらえていたのですが

この際どうでもいいや!!と理性を手放し二人で号泣。

ただ、にくまきがあまりにも泣き止まないので

紅茶を淹れて一緒に飲むことに。

そしてお互いに宛てて手紙を書きあおうと提案しました。

チラチラ盗み見ながらサクサクとペンを進めていく静かな時間。

おさしみの頭の中にはもちろん、にくまきのことだけ。

こうしてブログを書いている今もそうですけどね。

こういう時間がとっても好きです。

 

そうこうしているうちに、急遽おさしみが夜までいられることになりまして

腹ペコのおさしみにハヤシライスを食べさせてくれました。

しかもコンビニで副菜を買ってきてくれたのですが

野菜嫌いなおさしみが食べられる貴重な「ほうれんそう」のソテーを

選んできてくれました。

仲良くいただきますをして一気にかき込む幸せの味。

バイバイはすごーーく寂しかったけど

にくまきがくれたたくさんの愛情を噛みしめながら家路につきました。

 

 

…なんだか「してもらったトーク」ばかりですねいつも(笑)

こんなにたくさん愛してもらって大切にしてもらってるんだ!!っていう

贅沢な幸せは、一年経った今でも毎日新鮮で感動させられます。

それをつい声高に叫びたくなる!

おさしみの叫びを聞いてくださる皆さん、いつもありがとう。

ちなみにひょんなことから、にくまきにこのブログがばれてしまいました(笑)

でもこれからもおさしみの鮮度100%の叫びを書き殴っていきますので

よろしくお願いいたします。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

またきてください!

!反省!

 

こんばんは、おさしみです。

少し時間が経ってしまいましたが、先日のイメチェンビフォーアフターをご報告しに参りました。

同じアングルで撮っていないのでわかりにくいとは思いますが

 

f:id:ixtc:20170203214109j:plain


↓↓↓


f:id:ixtc:20170203214127j:plain

 

こんな感じ。

 

だいぶ短くしてもらって、だいぶ暗めにしてもらいました!

かなり清楚な感じになったのでは?!

またすぐに伸びて違う髪型にしたくなるのが目に見えていますが

しばらくはこんな感じでひっそりと生きていきます…。

 

 

話は変わりますが、最近にくまきから言われた一言で

「おっと!いけない!」と反省することがありまして。

 

その一言とは「おさしみがにくまきに対して否定的」という内容。

これね、言われたとき「あーーー……。」ってなりました(笑)

おさしみも昔、ある友人に対して同じことで不満を抱き

それがきっかけでどんどん嫌いになっていってしまいました。

 

お「今日は寒いね」

友「そう?余計寒くなるからそういうこと言わないで。」

お「わかったよ。でも確かに昨日に比べたらマシかも!」

友「そうやってすぐ他人の意見に流されるよね、自分の気持ちはないの?」

…みたいな会話の繰り返し。

楽しく会話をしていても結局はこうして否定されて話すのが面倒になっていった

あの頃のことをふと思い出して

自分がされて嫌なことを、人にしてしまっていたのだなあと。

しかもそれを最愛の人にしてしまっていたのだと思うと

ぎゅううっと心が締め付けられるような思いというか、苦しかったです。

気を遣わなくなるとこうなってしまうような気がしますね。

自分の話ばっかりしたり、考えを聞いてほしいばっかりになって

どんどんつまらない人間になっていたような。

振り返ると、そうだったなあと思います。

以後気を付けます!で簡単に抑えられるような性格じゃないと思うので

何か上手いこと対策を考えよう。ろくでもない人間になってしまう…!!

 

友人から与えらえたあの嫌な経験も少しは役に立っているのだと思うと

人生無駄なものは一つもないなあと、つくづく痛感するばかり。

 

 

なんか後味の良くない記事になってしまいました…(笑)

次回はおさしみと過ごした楽しい三日間のお話を書いていきますよ!

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

!ぽつぽつと!

 

こんにちは、おさしみです。

 

いつもこのブログを書くときは何か飲みながらなのですが

今日の相方はミルクティーさん。

 

ミルクティーを飲むときは濃いめに入れた紅茶とホットミルクを合わせていますが

今日のはクリープをぶちこんだだけなのでだいぶ薄め…。

なんにせよ、久しぶりのミルクティーは美味しいです。

 

昔、にくまきと二人で「ミルク紅茶」というのにはまっていた時期がありました。

コンビニでたまたま見かけたりすると無駄に大喜びして買って飲んでました(笑)

こういう些細な思い出もいつも心を温めてくれます。

 

 

引っ越し後はバタつくので早めに髪を切っておきたいなと思い

先日飲みに行った親友のお店に予約を入れてもらいました!

普段は職場でカットしてもらってばかりだったし

三か月くらい前ににくまきのお店にお邪魔して以来ですね、美容室のお客さんになるのは。

美容室って癒されるから好きです。

前回はセルフカットで適当に長さを整えただけだったから、明日担当してくれる美容師さんは

やりづらいかもなー。

 

おさしみは現在茶髪マッシュ。

サイドとネープを常に刈り上げているので、どんなスタイルにしても

伸びてくると結局マッシュになります(笑)

もちろん明日も刈り上げてもらいますが、全体的に軽くて短い感じにしてもらおうかなーと。

心機一転って感じですね。

にくまきにカラーをしてもらって黒髪になる予定なので、きっと清潔感にあふれることでしょう。

ビフォーアフター載せますね~!

 

 

 

昨日ふと思いついたことがありまして。

再就職を考えているおさしみですが、周りからよく「やりたいこと(仕事)ないの?」ときかれます。

そんなものはない!!!!やりたいことって何???

仕事って時点でやりたくねーよ!!!!などと言ってしまうクソっぷり。

 

しかし選択肢の一つとして「ビアンバー(ゲイバー)」などの

セクシャリティをある意味で売りにできる(言葉が不適切だったらごめんなさい)

そういう職業もあるのだな、と思ったのです。

もちろん一般の職業でも、公表してしまえばいいのかもしれませんが

それはあくまでも「受け入れてもらう」というステップが必要なわけで。

少数派が少数派でない世界で働くのってどんな感じなんだろうかと

興味がわきました。いろいろ調べたけど、おさしみが通えそうな範囲にも

あるんですよね…。余計に興味がわいてしまって(笑)

…とにかく、またひとつ選択肢が広がりました!

 

もしもそういった職業につくのなら、それを機にセクシャリティを親に公表するのも一つの手だと思うし。

メリットの多い選択肢なのでは?もちろん夜の世界は大変な職業でしょうが…。

おさしみの親は「風俗じゃなければキャバでも何でもやってみたら!」と言ってくれているので。

広い視野でいろいろ考えていけたらいいな。

 

 

今日はテーマもへったくれもない雑談回でしたが、読んでくれてありがとうございました。

またよろしくお願いします!

!嫉妬!

 

こんにちは、おさしみです。

f:id:ixtc:20170127190445j:plain

 

専門学校からの親友とにくまきと三人で飲みに行ってきました!

この三人はクラスが同じだったんですよ。

にくまきは人見知りだし話すのが苦手なので、三人でしゃべってる感覚は

あまりなかったです…(笑)

親友はおさしみの専門時代のバディと言っても過言ではないほど

おさしみにとってすーごく大きな存在です。とにかく「ヤバい」!

最高です。

 

 

そんな親友とバイバイしてからは

「たまには気分を変えようか」というわけでホテルに行ってきました。

二人で行くのは初めてだったので新鮮でおもしろかったです!

にくまきが泡風呂を準備してくれて、お湯がたまるのを待ってる間ごろごろしてたら

とっくに溢れて泡は皆無(笑)

これはあるあるだと思うんですけどね…。次からお湯がたまるまでは風呂場で仁王立ちしてようかな。

 

 

最近はそんな我々でした。

 

 

そして超~私事なのですが、おさしみは本日無事に退職手続きを終了しました!!!

いくつか盗まれてしまったものはありましたが大したものではないですし

今更波風立てたくないのでね。

モラルの低い職場だったなあと痛感させられて、後悔なく辞められたから逆によかったかも。

また一からがんばっていこう!引っ越し前に心機一転、髪を切りに行きたいなあ。

引っ越し準備もだいぶ進みましたよ!家じゅう段ボールと衣装ケースだらけ。

もう一息がんばろう。

 

 

 

さて、今回のテーマは「バイセクシャルにおける嫉妬の対象」です!

バイセクシャルだと恋愛対象の幅が広いから、恋人が嫉妬する対象も多くて大変なのでは?」という内容でした。

これも友人から提供していただいたテーマ。

ただやはりこれはまさに心の問題なので、セクシャリティ関係なく

個人差がとてつもなく大きいだろうと思います。

なので経験を書きますね!参考になると思ったところだけもぎとってください(笑)

あくまでもおさしみの話だということを踏まえて読んでもらえると嬉しいです。

 

嫉妬には大きく分けて二つありますよね。

 

ひとつは、恋人が別の誰かに好意を向けているときにする嫉妬。

(例)「きゃー〇〇(イケメン芸能人)かっこいい結婚したい!!!」と恋人が大喜びしている。

もうひとつは、どこぞの誰かが自分の恋人に対して好意を向けているときにする嫉妬。

(例)「〇〇(友達)がお前の恋人に興味持ってるらしいよ」などと噂話を聞く。

 

どちらも一方的で極端な例を書きました。

一番嫌なのは上記にはない「どちらもなんとなく好意を向け合っているようなとき」ですよね。

 

 

にくまきに怒られたことを挙げていきます。

・職場の女性店長が美人だったので毎日の些細な出来事が楽しくてウハウハとツイートしていたら、「そういうツイート見たくない」とのLINE。

・アイドルの動画を見ていると「またそうやってアイドルの動画ばっかり見て喜んで…。」とお小言。

・「綺麗な人がいると目で追ってる!」とのご指摘。

・「おさしみが"そういう目"で見られてるって思うだけで嫌で仕方ない」としょんぼりする。

 

基本的にさっきあげた例の前者のパターンが多いですね。

イケメン俳優を褒めても特に何も言ってこないので、嫉妬の対象は女性がメインみたいです。

自身と同性の人間に対して嫉妬しやすいのではないかなーと思います。

 

 

逆におさしみが嫉妬したことを挙げます。

・ナンパの多い飲み屋に行くと知ったとき。狙われるのが心配。

・男性客に話しかけられているとき。狙われるのが心配(二回目)。

・男友達と二人で飲みに行くとき。狙われるのが心配(三回目)。

・過去の恋愛の話を聞いているとき。

・イケメン俳優にお熱で大騒ぎしていたとき。

 

おさしみはとにかく狙われるのが心配(笑)

「かわいくないから大丈夫だよ~」となだめられてしまうのですが…

そういう問題じゃない!!!

とはいえ嫉妬してばかりも疲れるので、最近はお互い気を付けてます!

遊びに行く友達のことを簡単に紹介したり。

 

しかしやはり、バイセクシャルの恋人を持つノンケというのは

かなり大変なのだろうと思うのでうまく気持ちを汲んで

傷つけないように慎重に交際していかないといけませんね。

 

本当にただの体験談になってしまいましたが、おさしみたちはこんな感じ!

というのをお伝えできれば十分かな。

自己採点甘くてすみません(笑)

 

今日も読んでくれてありがとうございました。

またお願いします!

!優しさ!


こんばんは、おさしみです。
人に優しくされるのって、代替え不可能な満足感がありますよね。満足感というより充実感と言うべきか。
心の満たされるあの感覚は、生きるエネルギーになります。


なかなか寝付けない夜なのでにくまきのことを考えつつ、おさしみなりに「優しさ」について書いていきましょう。


付き合った当初は優しさの欠片もなかったにくまき。
おさしみが食べてるものとか飲んでるものを横取りしたり…なんてのはカワイイものですが毎回毎回やられるとうんざりしてくる。
「優しくないなあ。自分が一番なんだなあ。」と、ついガッカリしてしまうこともしばしば(笑)


そんな当時、自分の価値観を紐解いてみました。
おさしみが「あ、優しいな」と思う瞬間はいろいろありますが
その中に共通点がいくつか見つかりました。

「相手のために」「さりげなく」「心で尽くす」

ずばりコレですね。


ここ最近のにくまき王子エピソードと絡めてお話ししていきます。

にくまきはよく耳かきをしてくれます。膝枕でしてもらうのですが、これまた至福のひとときで…。
うっかり居眠りをしてしまって、目を覚ましたらシャワーの音が。
あれ?と思ってよく見たら、いつの間にか膝枕ではなく普通の枕にすりかわってる…!!

声をかけて起こせばいいものの、起こさないでくれる。よっぽどそぉーっとすり替えたんでしょうね。
それを想像すると愛しくって愛しくって(笑)


あとはおさしみが眠そうにしていると「もう寝なさい」ってベッドまで運んで布団をかけてくれる。
それからにくまきはシャワーを浴びるのですが、目を覚ますといつの間にか隣にいるんです。ドライヤーはいつも部屋でするのですが、起こさないようにわざわざ廊下でしてくれてたみたい。

ドライヤーなんて一時間もするわけじゃないんだからいつも通りあったかい部屋ですればいいものの…これまたおさしみを起こさないようにって。


それから、にくまきの家から仕事にいく寒い朝なんかは
「寒いからマフラーしていきなよ。あと午後から雨降るから傘持っていきな。」と装備させてくれたり。散歩中に思わず「今日さみー!」なんて言おうものならマフラーを貸してくれようとしちゃうので制止(笑)
おさしみの体の弱さを知っているので何かと気遣ってくれます。



アイス屋さんで、にくまきはアイスおさしみは紅茶を頼んだ日。「どれがいいと思う?」なんておさしみの意見を参考にして選んで、いざ食べ始めたらおさしみにたくさん食べさせてくれたり。



ンダァ~~完全にただのノロケになってしまったァァァァ~~!!!!!
にくまきの王子エピソードは多々あるのです…。

なんだろう…なんというか…

優しさってのは、「考えるな!感じろ!!!」の世界ですね。すみません。


にくまきのことを考えていたら眠くなってきてしまいました…。



おやすみなさい(唐突)


読んでいただきありがとうございました。
次はちゃんと書きます(笑)