読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮮度100%おさしみ屋さん

活きのいいバイセクシャル、いかがですか~!?!?

!優しさ!


こんばんは、おさしみです。
人に優しくされるのって、代替え不可能な満足感がありますよね。満足感というより充実感と言うべきか。
心の満たされるあの感覚は、生きるエネルギーになります。


なかなか寝付けない夜なのでにくまきのことを考えつつ、おさしみなりに「優しさ」について書いていきましょう。


付き合った当初は優しさの欠片もなかったにくまき。
おさしみが食べてるものとか飲んでるものを横取りしたり…なんてのはカワイイものですが毎回毎回やられるとうんざりしてくる。
「優しくないなあ。自分が一番なんだなあ。」と、ついガッカリしてしまうこともしばしば(笑)


そんな当時、自分の価値観を紐解いてみました。
おさしみが「あ、優しいな」と思う瞬間はいろいろありますが
その中に共通点がいくつか見つかりました。

「相手のために」「さりげなく」「心で尽くす」

ずばりコレですね。


ここ最近のにくまき王子エピソードと絡めてお話ししていきます。

にくまきはよく耳かきをしてくれます。膝枕でしてもらうのですが、これまた至福のひとときで…。
うっかり居眠りをしてしまって、目を覚ましたらシャワーの音が。
あれ?と思ってよく見たら、いつの間にか膝枕ではなく普通の枕にすりかわってる…!!

声をかけて起こせばいいものの、起こさないでくれる。よっぽどそぉーっとすり替えたんでしょうね。
それを想像すると愛しくって愛しくって(笑)


あとはおさしみが眠そうにしていると「もう寝なさい」ってベッドまで運んで布団をかけてくれる。
それからにくまきはシャワーを浴びるのですが、目を覚ますといつの間にか隣にいるんです。ドライヤーはいつも部屋でするのですが、起こさないようにわざわざ廊下でしてくれてたみたい。

ドライヤーなんて一時間もするわけじゃないんだからいつも通りあったかい部屋ですればいいものの…これまたおさしみを起こさないようにって。


それから、にくまきの家から仕事にいく寒い朝なんかは
「寒いからマフラーしていきなよ。あと午後から雨降るから傘持っていきな。」と装備させてくれたり。散歩中に思わず「今日さみー!」なんて言おうものならマフラーを貸してくれようとしちゃうので制止(笑)
おさしみの体の弱さを知っているので何かと気遣ってくれます。



アイス屋さんで、にくまきはアイスおさしみは紅茶を頼んだ日。「どれがいいと思う?」なんておさしみの意見を参考にして選んで、いざ食べ始めたらおさしみにたくさん食べさせてくれたり。



ンダァ~~完全にただのノロケになってしまったァァァァ~~!!!!!
にくまきの王子エピソードは多々あるのです…。

なんだろう…なんというか…

優しさってのは、「考えるな!感じろ!!!」の世界ですね。すみません。


にくまきのことを考えていたら眠くなってきてしまいました…。



おやすみなさい(唐突)


読んでいただきありがとうございました。
次はちゃんと書きます(笑)